【奈良市/木津川市】ウッドショック?!中古戸建を売却するチャンスです☆

【奈良市/木津川市】で中古戸建住宅をお持ちの方、今が売却のチャンスです☺

古くてもOK☺売却したいけど汚れているし、、、とご売却を諦めている方もOK☺
そんな方こそウッドショックの今が”売りどき”です♪

 

目次
①ウッドショックってなに??
②新築戸建への影響
③中古戸建への注目

 

①ウッドショックってなに??

ウッドショックってご存じでしょうか?
2021年3月頃から、住宅の柱や梁(はり)、土台などに使う木材の需給がひっ迫して木材の不足により価格が高騰し、大きな混乱が生じている状況の事です。かつてのオイルショックになぞらえて名付けられた言葉です。
悲しいことに、コロナの影響を大きく受けているのが現状です。

ウッドショックの原因は・・・

■カナダで発生していた害虫被害に加え、コロナ禍で伐採する労働者が減り、家を建てる木材自体が減少。
■リモートワークが主流化し、アメリカや中国で、新しく住宅を購入する人が急増。これにより、世界的に需給バランスが大きく崩れ、十分な量の輸入材が日本に入ってこなくなった。
コロナ禍でネットショッピングの利用増加。コンテナ不足が発生し、日本へ木材を運べなくなった。
大きくは以上3点の要因が挙げられます。

 

現在、日本の住宅メーカーが使う木材の7割を輸入材に頼っているので、ウッドショックは大きな問題となっています。

 

②新築戸建への影響

木材の単価が上がってしまうため、新築戸建の建築単価も必然的にあがってしまっています。
そして、ウッドショックの怖いところは、いつまで続くのか終息の見通しが立たないことです。
今後も、新型コロナウイルスの影響や、リモートワークの定着によって建築ラッシュが続くことで木材は高騰し、新築戸建の値段が上がっていくと予測されます。

③中古戸建への注目

新築住宅が高騰している今、木材の価格変動の影響を受けない中古戸建を視野に入れる方が急増。中古戸建が人気を集めています☺そのため、【奈良市/木津川市】において、中古戸建が不足しています。

【奈良市/木津川市】で中古戸建を探している方が多い今こそ、中古戸建売却の”売りどき”といえるでしょう。
『うちはもう古いし、汚れているし、、、』と売却を諦めている方もご安心ください☺
古くてもOK☺汚れていてもOK☺
大規模リフォーム等で対応可能な場合が多いので、まずは一度興和不動産住宅へご相談ください☺!!!